ヤマメシ

ヤマメシの使い方

Bdd6d13e2342ebe0df95ce509aeafa88b9ac9ba2 large

海のりペペロンチーノ 後半のヤマメシ(山ごはん)

【海のりペペロンチーノを焼きパスタで】
蒸しパスタって、焼きパスタと作り方が似てるって思った。麺の科学によると、蒸しパスタの説明をする前に焼き餃子を作る時にお湯を入れる事を紹介しているしね。そんなわけで、今日は焼きパスタにしてみました。

▼食材
パスタ(今回は茹で時間10分) 早茹でじゃない方が良いです
海のりのペペロンチーノ(伊東で仕入れてきました)
勿論それ以外のパスタソースでも良いです
バター 一欠片
▼作り方
パスタを乾煎りします
バターを入れてさらに炒めます
水を300㏄入れて水分が無くなる迄待ちます。途中で麺の硬さを確認して調整します。
火を止めて海のりペペロンチーノを混ぜて頂きます。

作り方に殆ど差がない蒸しパスタと焼きパスタですが、明らかに食感が違います。蒸しパスタの方がモチモチ感が強く感じます。メスティンの底にくっつく感が強いのも蒸しパスタです。焼きパスタは先に油で炒めているので麺がコーティングされるのかもしれないです。どちらが美味しいかは好みの差でしょうね。
蒸しパスタは水300 ㏄で余り気味だったが焼きパスタは丁度だった。これは環境の差もあるだろうから、まだ、なんとも言えないですね。

ただ麺の科学では、

─引用開始
この作り方の重要点は、注ぐのは水ではなく熱湯であることです。熱湯を注ぐと直ちに水蒸気になり、蓋をしておくことで、十分に蒸し調理が進行します。
─ 山田昌治作「麺の科学 粉が生み出す豊かな食感・香り・うまみ。」より

って書いているんだよね。今回は水を注いだからね。でも山だとワンバーナーな事が多いし、簡単に済ませたい事もあるしね…

2019-08-23 高尾山

───
【水戻しパスタ】
4日連続の海のりペペロンチーノです。最終日の今日は水戻しパスタです。
▼食材
・ パスタ(昨日と同じ)
・ 海のりペペロンチーノ(昨日と同じ)
・ バター 一欠片

作り方は何度も紹介しているので省略します。

水戻しパスタは蒸しパスタと同じようにモチモチしています。日帰りだったら水戻しパスタ。テン泊の時は調理時間があるので蒸しパスタや焼きパスタも良いと思いました。

2019-08-24 二子山(三浦アルプス)

今回は焼きパスタです。

今回は焼きパスタです。

パスタを乾煎りします。これが効果が...

パスタを乾煎りします。これが効果があるのかは実は不明です。

バターを追加して炒めます。

バターを追加して炒めます。

水を投入です。

水を投入です。

沸騰して、水分が飛ぶのを待ちます。

沸騰して、水分が飛ぶのを待ちます。

水分が飛んだら火を止めます。

水分が飛んだら火を止めます。

海のりペペロンチーノ、3日連続です。

海のりペペロンチーノ、3日連続です。

翌日は家で水戻しパスタの前準備。

翌日は家で水戻しパスタの前準備。

現地にて。

現地にて。

水戻しパスタをメスティンに入れて加...

水戻しパスタをメスティンに入れて加熱します。

色が変ったが茹であがりです。

色が変ったが茹であがりです。

海のりペペロンチーノ投入。

海のりペペロンチーノ投入。

4日連続の海のりペペロンチーノ。頂...

4日連続の海のりペペロンチーノ。頂きます。